費用を分割して払おう

レディー

調理師の専門学校に行きたいというときに気になるのが、学費のことです。全日制の場合、学費は1年で百万円以上になるでしょう。一気に支払うのが難しいという場合は分割納入ができるか確認するといいのです。

詳細を確認する...

入試の時期を確認する

ウーマン

フランス料理や日本料理、イタリア料理や伝統料理など食事にはいろいろな種類があります。私達に美味しい食事を作ってくれるシェフやパティシエ、料理人やマスターと呼ばれる多くの人は調理師免許を持っているのです。料理人を志すという場合、職の幅を広げるためにもこの調理師の資格を取得しておくといいでしょう。この資格を取得するためには2つの方法があります。まず、1つ目が調理師の専門学校へ通って、技術や知識を身につけて卒業するという方法です。そして、2つ目は調理師試験に合格して申請をするという方法です。試験合格や専門学校の卒業だけが調理師の条件なのではなく、申請が許可されないと調理師と名乗ることはできません。いろいろな飲食店で調理師として働きたいという場合は、どちらかの方法を選んで各自治体の窓口で申請をしましょう。

調理師になりたくて専門学校へ入学するという場合はAO入試や推薦入試、一般入試などの方法で入学することができます。一番早い時期から取り組むことができるのがAO入試でしょう。この方法を選ぶ場合は入学を希望する一年ほど前から準備を進めておきましょう。調理師専門学校のオープンキャンパスにたくさん足を運んで、進学の相談を行なうといいでしょう。オープンキャンパスは主に3月から8月頃まで定期的に開催されています。次にAO入試のエントリーが6月頃から始まります。エントリーした順番で面接や選考が行なわれますので、スムーズに入学合格が決まれば、11月頃には入学前の準備に取り掛かれるでしょう。一般入試や推薦入試の場合は10月頃から出願が開始される場合が多いです。

プロのいる環境

卵

調理師を目指すときに大きな力となるのが専門学校の先生の存在です。各分野のプロに調理の技術や知識を教わることができるのです。また、留学コースを選べば本場の環境で学ぶこともできます。

詳細を確認する...

学生生活を円滑にする

鍋

調理師専門学校への入学が決まったら、生活面の不安を学校に相談してみましょう。一人暮らしをするというときにはアパートや学生寮を紹介してくれるというところもあります。いろんなことをサポートしてもらえるので悩みがある場合は頼ってみましょう。

詳細を確認する...